「インクレディブル・ファミリー」

久しぶりに映画の感想です。



本当はもっとたくさん観ている事は観ているのですが。





会社帰りに観たのですが、



疲れていたにも関わらず、最初から最後まで眠くならなかったですね!



(面白い映画のバロメーター)







前作の映画から十年以上経っているのか!



と思うといつもながら、ドーンと時間の流れの重さに押しつぶされるような気がします。



あの頃はまだ、もう少しは体のムリが効いたなぁ・・・。





時間が経ったとしても、妙にリアルになったりせず、



うまいこと、ディフォルメキャラクターとなめらかな動き等のバランスが見事!



(何言ってるかわからない・・・?)






とは言え、前作を最後にテレビで見たのもずいぶん昔。



すっかり忘れているような気がしましたけど、



そうだとしても、あまり気にはなりませんでした。



一般生活において苦労するスーパーヒーロー!という図式は以前と変わらず。



今回は奥さんのイラスティガールが活躍して、



Mr.インクレディブルが家庭において子育てに奮闘します。




子育ての経験はないけれど、



例えスーパーヒーローじゃあなくっても、



子育ては一筋縄ではいかないなぁ・・・と思います。




児童虐待や、育児ノイローゼ等、子育てに関する悲しい事件がなくならないのも、



その大変さを物語っています。







ディズニー映画にありがち、と言ってしまっては語弊があるかもしれませんが、



真の悪役は、ある程度主人公の身近にいる人物。



協力者と見せかけておいて、その寝首を掻く。



その辺はある程度、最初から読めてしまいましたが、



ディズニー映画は見せ方がうまいから、ぐいぐい引き込まれてしまいましたね。







前作を観てから時間が経っているので忘れてしまいましたが、



インクレディブル夫婦は、赤ちゃんジャック・ジャックのスーパーパワーを知らなかったっけ・・・。



なんか、前作の終盤で変身したり、多彩な能力を披露していたような記憶が・・・。





記憶は、当てになりませんなぁ・・・。









酷い出来ではありますが、




1bitpaperで描きました。


画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック