「ミックス。」

画像は、タイトルとは、一切関係ございません…。




しばらく前ですけど、ガッキー主演の、熱血コメディ卓球映画、観てきました。


ガッキー礼賛の映画でしたね。





なんか、お相手役の瑛太さんとの電車の出会いのシーンは、


私のお気に入り映画、「猟奇的な彼女」を思い出させてくれましたよ。




それにしても、いろんな有名俳優(タレント)さん達が、チョイ役扱いと言うか、


よそ見していると出演を見逃してしまうような勢いで、


瞬く間に画面を通り過ぎて言ってしまう様は、圧巻だったかも。



これで、竹中直人さんが出ていれば、


完全に「ウォーターボーイズ」とか、「スウィングガールズ」とかの、


矢口史靖監督作品かと、見間違うかと言うほどのノリでした。





…余談ではありますが、



「スウィングガールズ」と言えば、


物語のキャラクター構成が、「逆ゴレンジャー的」、ではないか、と


思っていました。




主演の、上野樹里さんがアカレンジャー、


ライバルではないけど、対称的なキャラクターの貫地谷 しほりさんがアオレンジャー、


いつもなんか食べてる大食漢キャラ的な豊島 由佳梨さんがキレンジャー、


ちょっとクセのある役所の本仮屋 ユイカさんがミドレンジャー、


逆紅一点とでも言うべきか、女子達に振り回される役の平岡 祐太さんがモモレンジャー、


と言う具合。



本当は、誰かがどっかで言及しておられるかもしれないし、


誰もそう思ったとしても、何も言わないほど些細なことではありますけど、


いつか言ってみたかったのでここに記すことにします。






前半は、冴えないガッキーのキャラクターを印象付けようとする展開ですが、


どうしたって、隠し切れるもんじゃござんせん。(江戸っ子口調)






後半は、熱血卓球スポコンな展開が繰り広げられ、


否応無しに盛り上がります。



熱くなりましたけど、




現実は…… そんなに甘いものではないってことです。





しかし、最後の時まであきらめなかった結果、


それまで停滞していた、ガッキーと、その仲間達を


取り巻く環境が、劇的に変化します。




予定調和な展開かもしれないけど、



観ている人は、これが一番納得するお話しだったのではないでしょうかね。





おもしろかったです。





iPad Pro、ZenBrush2で描きました。

画像





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック